仮想通貨投資で詐欺リスクを回避するには

世の中には危険な仮想通貨があります。仮想通貨長者たちが詐欺リスクの回避に使っている情報収集先を公開!数ある草コインの中から、将来性のある仮想コインを見分ける方法を伝授。

仮想通貨の将来性と詐欺の実態

2017年は「仮想通貨バブル元年」と言われているように、日本国内でも仮想通貨に対して投資する方がかなり増えてきました。
 
日本は世界の中でも仮想通貨後進国と言われ、世界に遅れをとっていましたが、ようやく日本でも仮想通貨バブルに兆しが見えてきました。
 
●「改正資金決済法(仮想通貨法案)」の成立
●大手メガバンクの独自仮想通貨発行
●ブロックチェーンの革命的な技術
 
このような明確な根拠の元に日本でも着実に仮想通貨バブルの波が押し寄せてきています。

 

例えば、ビットコインは、販売開始当初、1BTC=0.07円でした。それが2017年には1BTC= 14万円と実に20万倍にも価格が高騰しています。

仮に、ビットコイン販売当初に10万円分購入していたとしたら・・・現在の価値に換算すると200億円にもなります。まさに仮想通貨ドリーム。
 
現在販売されている新興コインの中にもビットコインの様に強烈な値上りをするコインが出てくることは間違いありません。今のうちに新興コインを購入しておけば、数年後は億万長者になれる可能性があるのです。
 

しかし、そのようなブームに便乗して投資家を欺こうとする輩が同時に現れるのも世の常です。現在も、無数の新興コインがインターネットを通して販売され、仮想通貨業界は玉石混交状態なのです。
 
さらに、ビットコインなどを使った投資案件の
 
・出金拒否
・資金持ち逃げ、
・運営会社破綻
 
などのトラブルが同時多発的に起こっているというのが現状です。

 

⇒仮想通貨長者たちがこっそり利用している極秘情報サービス

 

 

 

 

あのロックフェラー財閥所有のVCが仮想通貨市場に参入!


ロックフェラー財閥所有のベンチャーキャピタル、VenRock社が、仮想通貨投資機関のCoinFund社と提携するそうです。

 

このCoinFund社は、ブロックチェーン技術リサーチ諮問機関だそうです。

 

世界的大財閥:ロックフェラー財閥所有のVCが仮想通貨市場参入
http://coinpost.jp/?p=20878&from=new_top/


先日のジョージソロス氏が仮想通貨への投資を始めたというニュースに続き、大物の仮想通貨市場への参入が続いていますね。


去年からの仮想通貨バブルについては、肯定派と否定派がいるのですが、この仮想通貨市場の動向っていうのが、かつてのインターネットバブルと同じような動きをしているみたいなんですね。

 

インターネットバブルといえば、90年代に起きたIT革命で、インターネット関連企業の株価が高騰したバブルのことです。

 

インターネットバブルは、このあと一旦崩壊するのですが、さらにその後、インターネット関連の市場がどれくらい成長したかはご存知のとおりです。

 

仮想通貨市場も、これと同じように展開していくのではないでしょうかね。

 

あのジョージ・ソロス氏が仮想通貨投資を計画している?!

投資家なら誰もが知っている
大物投資家のジョージ・ソロス氏。

 

もうすでに去年から
仮想通貨関連の投資をしているとか。

 

伝説の投資家 ジョージ・ソロス氏、仮想通貨投資を計画
https://jp.cointelegraph.com/news/soros-fund-management-plans-to-launch-cryptocurrency-trading-report-says

 

ちまたでは、仮想通貨に関して
「仮想通貨は終わった」「仮想通貨はまだまだ伸びる」
という二者択一の論議が盛んに行われている。

 

ソロス氏のような大物投資家たちの動向を見ると
仮想通貨のバブルはまだ始まってさえいないのかも……。