仮想通貨投資で詐欺リスクを回避するには

世の中には危険な仮想通貨があります。仮想通貨長者たちが詐欺リスクの回避に使っている情報収集先を公開!

仮想通貨の将来性と詐欺の実態

2017年は「仮想通貨バブル元年」と言われているように、日本国内でも仮想通貨に対して投資する方がかなり増えてきました。
 
日本は世界の中でも仮想通貨後進国と言われ、世界に遅れをとっていましたが、ようやく日本でも仮想通貨バブルに兆しが見えてきました。
 
●「改正資金決済法(仮想通貨法案)」の成立
●大手メガバンクの独自仮想通貨発行
●ブロックチェーンの革命的な技術
 
このような明確な根拠の元に日本でも着実に仮想通貨バブルの波が押し寄せてきています。

 

例えば、ビットコインは、販売開始当初、1BTC=0.07円でした。それが2017年には1BTC= 14万円と実に20万倍にも価格が高騰しています。

仮に、ビットコイン販売当初に10万円分購入していたとしたら・・・現在の価値に換算すると200億円にもなります。まさに仮想通貨ドリーム。
 
現在販売されている新興コインの中にもビットコインの様に強烈な値上りをするコインが出てくることは間違いありません。今のうちに新興コインを購入しておけば、数年後は億万長者になれる可能性があるのです。
 

しかし、そのようなブームに便乗して投資家を欺こうとする輩が同時に現れるのも世の常です。現在も、無数の新興コインがインターネットを通して販売され、仮想通貨業界は玉石混交状態なのです。
 
さらに、ビットコインなどを使った投資案件の
 
・出金拒否
・資金持ち逃げ、
・運営会社破綻
 
などのトラブルが同時多発的に起こっているというのが現状です。

 

⇒仮想通貨長者たちがこっそり利用している極秘情報サービス

 

 

 

 

あなたの仮想通貨を守るには?‐賢いハードウォレットの使い方


coincheckでのNEMの盗難トラブル、
皆様は大丈夫でしたでしょうか?


Coincheckから返金の発表はありましたが、
具体的な返金日時などは不明です。


また、現在もビットコインを除く仮想通貨の
取引が全面的に停止している状態が続いています。


今回のCoincheckのトラブルによって、
仮想通貨への投資を躊躇された方も
いらっしゃるのではないでしょうか?


・仮想通貨への投資はやはり危険だった
・盗難の危険が高い投資案件だ


このような声もちらほら聞こえてきます。


しかし、わたしはそのようには
全く感じておりません。


仮想通貨市場はまだまだ新しい市場です。


このような新しい市場はトラブルを
繰り返しながら健全化が進んでいくものです。


したがって、わたくしは今回のトラブルは
前向きに捉えております。


Coincheckのトラブルによって、
今後は取引所のセキュリティーの意識や、
金融庁の認可に関するガイドラインなどが見直され、
より取引所の安全性は高まっていくものと思っております。


今回のトラブルは金融庁も本腰を入れて
調査を行うようですので、より投資家が
安心して仮想通貨を保有できる環境が整うはずです。


また、今回の一件によって大きな注目を
集めているのがハードウォレットです。


仮想通貨の保管方法はいくつかありまして、


・取引所に保管
・ハードウォレット
・ウェブウォレット
・ペーパーウォレット
・ウォレットアプリ


などが主な保管方法です。


実は仮想通貨を保有している投資家の
58%が全資産を取引所に保管しているといいます。


仮想通貨は本来ブロックチェーンによって
管理されているため保有枚数などの改ざんが
ほぼ不可能と言われております。


しかしながら、取引所に保管している
仮想通貨のセキュリティは
その取引所の体制に依存してしまうのです。


つまり、保有する全ての仮想通貨を
取引所に保管しておくことは非常にリスクです。


そこで、今回の一件で注目を集めているのが
ハードウォレットなんですね。


ハードウォレットとペーパーウォレットは
基本的にはオフラインで仮想通貨を管理するため、
ハッキングのリスクがありません。


取引を行う瞬間だけ、オンラインに接続するため、
ハッカーがハードウォレットにアクセスすることは
ほとんど不可能なのです。


もちろん、ハードウォレットを使用した際にも
ウォレット自体の紛失や盗難という
リスクがありますので注意が必要です。


また、購入した時点でウォレットの
秘密鍵を盗まれている。


なんてこともあるそうなので、
ウォレットの購入先なども良く精査する必要があります。


したがって、投資のKAWARA版の見解としては
ご自身の仮想通貨の用途や投資スタイルに合わせて、
各ウォレットを使い分けることをお勧めさせていただきます。


投資のKAWARA版ではウォレットの種類や
使用方法などのお問い合わせも随時受付ております。


わたしが実際に使っているハードウォレットを
お伝えしたりすることも可能です。


ぜひ、あなたにぴったりなウォレットを使用して、
安全にご自身の資産を守っていただければと思います。

⇒投資のKAWARA版.comの詳細はこちら

 

コインチェックのようなハッキング被害を防ぐには?


昨晩は、驚くべきニュースが報道されましたね!

 

あの出川哲朗さん出演のCMで話題のコインチェックが、
ハッキング被害にあい、総額780億円以上もの損害を出したとか。

 

被害対象はXEMネム)とxrp(リップル)みたいですね。
ネムが650億円、リップルが134億円もの被害だったそうです。

 


原因は、コインチェックが

ハードウォレットではなく
ホットウォレットにネムを入れていたこと、
だったわけです

 


ホットウォレットとは何かというと、
ネットを接続している状態のウォレットで、

 

ハードウォレットというのは、
ネットに接続されてない状態のウォレットです。

 

ですから、
ハッキングされる可能性があるのは
ネットに接続してウォレットを管理する
ホットウォレットなんです。

 


このハードウォレットは
仮想通貨投資のプロなら
必ず持っているウォレットです。

 

今回のコインチェック事件で
購入希望者が殺到するでしょうから、

 

売り切れる前に安全なウォレットを
1個でも手に入れておいたほうがよいですよ。

 

【正規品】【送料無料】Ledger Nano S ハードウェアウォレット ビットコイン 仮装通貨 暗号通貨 セット ケース USB Type-C 変換アダプタ 3点セット