投資家必見!仮想通貨で詐欺を回避するには

世の中には危険な仮想通貨があります。仮想通貨長者たちが詐欺を回避するために使っている情報収集先を公開

使い勝手の良いおすすめの仮想通貨は?

f:id:kansuke21:20171019093653j:plain


世界で初の仮想通貨はビットコインで、
今でも取引量と時価総額はトップです。


その他にも有力な仮想通貨はありますが、
何百とある仮想通貨の中で価値のあるものは
100前後だと言われています。


■初めて購入するならビットコインがおすすめ

ビットコインは、
Satoshi Nakamotoという身元不明の人物が
インターネット上に投稿した1つの論文から始まります。


そして同氏がビットコインを創りだしたのが2009年と言われています。


最初にビットコインが使われたのが2010年という話ですから、
世界初の仮想通貨と言っても10年の歴史もない訳です。


しかし、仮想通貨といえばビットコインと言われるほど有名ですから、
最初に購入するのでしたらビットコインをおすすめします。


なにしろビットコインは使えるところが多く、
持っていないと仮想通貨の世界では不便だと言われるくらいです。


ビットコイン以外でおすすめの仮想通貨

ビットコイン以外の仮想通貨のことをアルトコインと言うことがあります。
アルトコインの中の最右翼は、イーサリアムでしょう。


こちらは仮想通貨というより
契約全般を処理できるプログラムを実装しているプラットフォームです。


その中の1つが仮想通貨イーサリアムで、
ビットコインに次いで時価総額が多いです。


その他には、ビットコインキャッシュリップル
あるいはライトコインなども時価総額が多い仮想通貨です。


ただこれらの仮想通貨は価格が高くなってしまいましたので、
将来更に上がるか、それとも下がってしまうのかはわかりません。


■日本生まれの仮想通貨

日本製の仮想通貨にモナコインがあります。


こちらは時価総額で見ると下位に位置していますが、
取引の承認にかかる時間が短いことや、最大発行コイン数が
ビットコインの数倍あることなど魅力的な仮想通貨です。


また、現在のところ価格も落ち着いていますし、
ネットショップで使えるところもちらほら出てきました。


そしてSNSBOTを使って簡単に取引できるところも利点でしょう。


例えば、ネットで作品等を公開している作者に投げ銭をする場合、
相手のSNSのアカウントさえわかれば、上記のBOTを使うことで
少額でもすぐにモナーコインを送れます。


■まとめ

いくつかの仮想通貨を紹介しましたが、
取引所によっては扱っていないこともあります。


特に最後に紹介したモナコインは、
ほとんどの取引所が扱っていないようですが、
大手の「ビットフライヤー」と「ザイフ(Zaif)」で扱っています。


日本製であることや取引の容易さ等から、
再度モナコインをおすすめしておきます。