仮想通貨投資で詐欺リスクを回避するには

世の中には危険な仮想通貨があります。仮想通貨長者たちが詐欺リスクの回避に使っている情報収集先を公開!数ある草コインの中から、将来性のある仮想コインを見分ける方法を伝授。

仮想通貨市場はもう終焉なのか?

 

最近、わたしにこんな問い合わせが寄せられました。(多少読みやすいよう修正しています。)

「一時期、200万円を超えていたビットコインの 価格が戻る気配がありませんが、もう仮想通貨は終わりでしょうか」

「わたしの周りの人が仮想通貨投資から引き上げています。 撤退すべきでしょうか?」

といった、市場にネガティブな意見です。

昨年の市場の盛り上がりをご存知の方は、今年に入って、下火になった印象を受けるのかもしれませんね。

しかし、よくよく考えてもみてください。

なぜ今、上場企業が続々と取引所を買収し仮想通貨市場に参入しているのか。

上場企業は社長の一存だけでビジネスはできません。

ステークホルダーと呼ばれる、株主、従業員、金融機関、取引先、税務当局、行政官庁など、企業の活動によって影響を受けるすべての利害関係者とのバランスを取り、付加価値を提供し、成長し続けなければならないからです。

特に新ビジネスを展開するときは様々な根回しが必要でしょう。

将来性、社会性、収益性など、様々な角度から参入するかどうかを検討しているはずです。

そんな日本の一流企業の頭脳が、仮想通貨市場に“GO”を出した。

これがどんな意味を持つのか、ご理解いただけるはずです。

昨年の仮想通貨の盛り上がりは確かに凄まじかったです。

正直、昨年の中盤から終盤にかけては比較的簡単に利益を上げることができたと思います。

しかし、これからは段々と難しくなっていくでしょう。

わたしも今年に入って投資する仮想通貨案件にはかなり慎重な姿勢をとっています。

これからは本物の優良案件だけが生き残っていくからです。

昨年までは、ポッと出の案件でもマーケティング次第で大量の買いが入っていました。

そして上場後、価格が高騰、その後、暴落していくという流れが多くあったと思います。

しかしこれからは日本でも規制が入り、ICOの障壁も分厚くなっていきます。

そして優れた事業を展開する会社のトークンだけが価値高騰を実現していきます。

つまり、昨今の仮想通貨市場は、“中身のない仮想通貨、ICOの終焉に向かっている”と言えます。

仮想通貨市場が終焉に向かっているのではありません。

あくまでも淘汰されるべくして淘汰されている案件が浮き彫りになってきているだけで、優良案件は確かに存在しています。

ではどうやって優良案件を見極めるのか?

情報とビジネスを見極める目です。

可能な限り、人より早く、かつ正確な情報を取得し、事業内容を見極める必要があります。

情報を入手する方法は、足を使うか、コネを使うか、など様々です。

しかし、人と同じことだけをやっていては多くの利益をあげることはできません。

人より大きな利益を得るためには、人とは違うことをしなければなりません。

なかなかそれができないのが現実なのですが…

ちょっと長くなってしまいしたが、まとめると、

仮想通貨市場は終わりではないですよ。

これから仮想通貨で利益を上げるにはビジネスを見極める目と情報が必要ですよ。

ということが言いたかったのであります。(もちろんわたしも頼ってくださいね)

問題は実際にご自身で情報を見極められるかどうかです。

ちなみにわたしはある情報配信サービスを利用して案件の良し悪しを見極めています。


仮想通貨長者.comでは仮想通貨市場の最新情報だけでなく、トラブル情報まで配信してくれます。

なので、危険な仮想通貨案件などを事前に知ることも可能です。

中には、仮想通貨長者.comが調査をした優良案件などもご紹介いただけるようです。

また、LINEでも情報を配信してくれるので、いつでもスマホで情報を受取ることが可能です。

何れにせよ、このサービス無料ですので、まずは試しに登録してみてください。

というか、仮想通貨投資を行うなら必ず投資しておいてください。

それでは、皆さんの仮想通貨投資の検討を祈っています。

 

⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>

九州にカジノリゾート誘致の動き活発化‐カジノIR投資関連情報

 

カジノリゾート誘致に向けた動きが、カジノリゾート誘致に向けた動きが、九州は長崎で活発になっています。

つい先日の事ですが、九州第一弾のIR認定獲得の為に官民一体となったIR推進決起大会が佐世保市で開催されたようです。

参加者は延べ340名。

会場は人で溢れかえり、急遽増設された席もあっという間に満席という盛況ぶり。

カジノIR法案成立に深く関わった遠山清彦衆院議員が講演をおこない、長崎IRを実現するために必要なことを詳しく述べたようですよ。

ご存知のように長崎は、カジノリゾート誘致に早い段階から名乗りを上げていました。

コンセプトは「ユニーク・マリンIR」。

海外との交流とともに発展してきた「歴史」をバックに、「海や島」など、美しい自然を活用したオリジナリティ溢れるIRの実現を目標にしています。

カジノリゾートを佐世保へと誘致し、旅行会社大手のH.I.Sが運営するハウステンボスとの相乗効果を狙っています。

ちなみに。

今年8月には佐世保市長を含む佐世保市推進協議会の一行がマカオ大学を訪問し、同地へのIR誘致の為の提携を要請したようです。

もともとアジアとの近接性から専門家の間では、長崎が秘めるポテンシャルは高いと言われてきました。

「平和」「産業革命」「文化」を象徴する建造物が多く、外国人観光客は年々増加傾向にあります。

H.I.Sと連携し世界最高水準のIRを導入できれば長崎だけではなく九州全土にも大きな恩恵をもたらせてくれる事が期待できますね。

「観光立国」を目玉に掲げる日本。

カジノリゾートの誘致合戦は全国各地でスタートしています。

水面下では多くの海外IR企業がこの超巨大市場に参入しようと、目下プレゼンを展開中。

あなたが住んでいる町にも数年後、きらびやかなリゾート施設が姿を現しているかもしれません。

長崎や大阪、北海道を筆頭に、地方都市の動きも、慌しさを見せはじめました。

まだ実感はないかもしれませんが・・・

確実に新たな時代は動き始めています。

投資家として成功する秘訣。

それは、新たな市場が誕生した場合、いち早くそれに飛び乗ることです。

いち早く飛び乗るためには情報の入手スピードが非常に重要になってきます。

わたしはカジノ関連の情報は「カジノIR長者.com」というサービスを活用して入手しています。


カジノIR長者.comは通常では手に入らないようなカジノIR投資に関する秘匿情報を毎日配信してくれます。

さらに、これがなんと無料サービスなのです。

サービス料が無料である理由は不明なのですが、おそらく最近立ち上がったサービスなので、今は登録会員数を増やすために無料にしているのだと思います。

恐らく、数ヶ月後には有料サービスになっているでしょう。

有料でも利用したいくらい濃密な内容の情報を提供してくれています。

あなたも、少しでもカジノIR投資に興味があるのであれば、カジノIR長者.comが無料のうちに必ず登録しておいてください。

 

⇒『カジノIR長者.com』の詳細はこちら

カジノIR実施法案成立はまたとない投資のチャンス?!

 

7月20日にカジノIR実施法案が成立し、7月20日にカジノIR実施法案が成立し、安倍政権は「カジノ管理委員会」の開設を予算60億円、100人体制で行う予定です。

カジノ管理委員会とはカジノの設置、運営にあたる規制期間として内閣府の外局に置かれる独立行政組織です。

・カジノ運営に関するルール・カジノ運営組織の監視

などが主な役割となります。

具体的には2019年7月1日付でカジノ管理委員会を発足させると政府は予定しています。

カジノ管理委員会が発足することで、所轄する国土交通省がカジノ基本方針を策定し公表。

それにより、カジノ実施法案の細かな331項目にも及ぶ法案や設置ルールが定められることになります。

続いて、カジノ誘致に名乗りあげる地方自治体がその地域でのカジノ実施方針を策定。

パートナーとする外資系カジノIR企業を決定し、地域のカジノ整備計画が国に申請されます。

政府が想定している具体的な今後のスケジュールは以下の通りです。

・2018年7月20日カジノ実施法案成立
・2019年7月1日カジノ管理委員会発足
・2020年カジノ区域整備計画の認定申請を受付
・2021年国土交通大臣がカジノ開設地域3ヶ所を認定
・2024年~2025年 カジノ開設予定

したがって、2019年7月1日のカジノ管理委員会発足が事実上のカジノIR設置のスタートとなります。

ですので、現時点ではカジノIRは設置と大まかな枠組みが決定しただけで、まだ、スタートすらしていない状況なのです。

しかし、スタートはしていませんが、カジノが開業すること、そしてカジノIRバブルが到来することは既に既定路線です。

その証拠として世界のカジノIR企業がこぞって日本の候補地へのPR合戦を展開しています。

投資で成功するための1つに周りより早く投資を済ませておくという方法があります。

先程も申し上げたように、カジノIRはまだスタートもしていません。

が、このスタートしていないことが重要なのです。

もちろん、スタートしていないので不確定要素も多いですし、なにより早期に投資する場合、リスクが高いケースも多いです。

しかし、カジノIRが開業すること、これは「絶対間違いない」ことです。

なんせ、カジノIRの開業は現政府の念願であったからです。

これからカジノIR実施法案が覆って、開業しないなんてことはまずないでしょう。

ですので、カジノIRへの投資は途中で頓挫して損を被る可能性は非常に低いということになります。

だからこそ、より早く投資を済ませて置くことで多くの利潤を手にすることができるのです。

現時点で、カジノIRバブルの到来に気がついているのは、

・政府・一部の大企業・外資系カジノIR企業

一般の方はまだほとんど気がついていません。

なぜ、わたしがこのような情報をいち早く入手できているか知りたくありませんか?

実はこの情報配信サービスでカジノIRへの投資を知ることができました。

 

カジノIR長者.comではまだ一般の人が知らないカジノIRへの投資に関する情報をいち早く配信してくれています。

しかも無料。

登録しても費用がかかることはないのはわたしが実証済みです。

なにか押し売りされたり、気づかないうちに有料サービスに登録されてる、なんてこともありません。

「無料」サービスですが配信される情報は「優良」です。

カジノIR投資で大きな利益を獲得されたい方は必ず登録しておいてください。

 

⇒『カジノIR長者.com』の詳細はこちら