投資家必見!仮想通貨で詐欺を回避するには

世の中には危険な仮想通貨があります。仮想通貨長者たちが詐欺を回避するために使っている情報収集先を公開

マウントゴックス事件の真相

あなたは仮想通貨に対して
どのようなイメージを持っていますか?


日本人は世界的に見ても仮想通貨に対する
猜疑心や抵抗感を持っている方が多く、
仮想通貨後進国と呼ばれてしまっています。


今、仮想通貨普及に向け、
全世界が動き始めています。


この数百年に一度あるかどうかの
ビックイベントにイメージだけで
乗っからないのは非常にもったいないです。


しかし、日本人が仮想通貨に対してあまり
いいイメージを持てないのにはいくつかの理由があるのです。


・金融インフラが非常に発達している
・円天詐欺などの仮想通貨に似た詐欺事件
・マウントゴックス事件


上記のような理由で日本人は未だに
仮想通貨に対して悪印象を持っている方が多いです。


特にマウントゴックス事件当時は
ビットコインすらもほとんど世間に認知されておらず、
マスコミもこぞって仮想通貨をバッシングしたため、
多くの方が仮想通貨=悪・詐欺などのイメージを持ってしまいました。


しかし、事実は違います。


マウント・ゴックス社は確かに、
顧客のビットコインを不正に横領したり、
口座残高を改ざんしたりなどの不正行為を働いていました。


そして、倒産して多くの顧客の
ビットコインや資産は返還されることはありませんでした。


しかし、マウントゴックス社はあくまでも
仮想通貨取引所の1つです。


わかりやすく銀行に例えてみましょう。


銀行は法定通貨を取引できる
取引所とも言えますよね。


マウントゴックスの倒産は
銀行が倒産したのと同じ事です。


では、銀行が倒産したからと言って、
取り扱っている円やドルの信頼性が揺らぐでしょうか?


そんなことはありませんよね。


マウント・ゴックス事件では
報道によりビットコインに注目が集まり、
仮想通貨が悪いからマウント・ゴックスが潰れた様な
印象操作がされていました。


いいですか、あのマウント・ゴックス事件で
悪いのはビットコインではなく
あくまでもマウント・ゴックスという取引所なのです。


取引所が倒産したからといって
仮想通貨の信頼性が揺らぐことはありません。


そういった点では法定通貨と一緒です。


どうでしょうか?


少しでも仮想通貨に対する印象が
いい方向へ向かってくれれば幸いです。


マウント・ゴックス事件以降、
日本では仮想通貨に対する誤った認識や
情報が氾濫しており、正しい情報を手に入れる事は
非常に困難です。


せっかく仮想通貨へのイメージが変わり、
興味を持ったとしても、誤った情報を掴むと
大きな損失を被る可能性があります。


わたしはいつも「仮想通貨長者.com」というサービスで
仮想通貨の正しい知識と情報を入手しています。

仮想通貨の選び方-優良な仮想通貨と、粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>


仮想通貨長者.comはサービス開始から
半年で10万人以上の方が登録する日本でも数少ない
仮想通貨情報配信サービスです。


多くの会員がいち早く正しい情報を入手し、
自分に最適な仮想通貨への投資方法を見つけ出しています。


あなただってネット上の誤った情報に踊らされて
騙されたり、投資のチャンスを逃す事はできるなら
避けたいですよね?


そうなる前に仮想通貨長者.comに登録して
あなたの中に確かな「モノサシ」を作り、
「ホンモノの仮想通貨を見極める力」を
養っていただきたいと思います。


ちなみに仮想通貨長者.comへの
登録は完全無料です。


しかし、いつ有料化されてもおかしくないほどの
確かな情報を入手することができます。


この機会にあなたも仮想通貨の正しい知識と情報を
入手して、仮想通貨への投資に挑戦してみませんか?