仮想通貨投資で詐欺リスクを回避するには

世の中には危険な仮想通貨があります。仮想通貨長者たちが詐欺リスクの回避に使っている情報収集先を公開!数ある草コインの中から、将来性のある仮想コインを見分ける方法を伝授。

SBIホールディングスが発行する仮想通貨Sコインの特徴とは?


中国のICO問題によって一時
ビットコインの暴落が起こりましたが
市場の期待度が上回り、現在は1BTC=47万円台
まで価格が戻っています。


正直、暴落が起こった時点で、
今後の仮想通貨市場への不安感が
なかったといえば嘘になりますが、
世の中の投資家は仮想通貨の存在を支持し、
底堅く値を戻しましたね。


この暴落からの値戻りは
世の中が仮想通貨へ大きな期待を
持っている事への証明に他なりません。


そして、今日の日経新聞の記事で
「Sコイン」なる仮想通貨が紹介されていました。


「Sコイン」はSBIホールディングス
新たに発行する仮想通貨です。


MUFGコインとJコインにつづいて
遂にSBI銀行までもが独自通貨の発行に
踏み切ったようです。


「Sコイン」の特徴としては

・送金コストゼロ
・即日現金化が可能
・SBI独自のブロックチェーンにて稼働
・今後、店舗決済通貨として普及させていく

このようになっています。


現在取引所では「ビットコイン」などの
メジャー通貨が売買差益の大きさを理由に
投機目的で取引されています。


「Sコイン」は日本円との安定した交換レートを
SBIが提供することで、投機目的というよりも
決済の利便性を目的に発行されます。


来年の春より実験的に普及させていく予定で、
SBI本社周辺から段階的に取扱店舗を増やすようです。


三菱UFJMUFGコイン。

みずほ銀行、ゆうちょのJコイン。

そしてSBI銀行のSコイン。


大手メガバンクがここに来てこぞって
独自通貨発行の動きを見せています。


わたしたちが再々申し上げてきた
「仮想通貨バブル」がいよいよ本格的に到来し、
あらたな経済革命の序章が始まろうとしています。


ここまで来ると、仮想通貨の普及は
もう確実と言っても過言ではないでしょう。


そして・・・


バブルが到来するということは
大きな利益を獲得できるチャンスが来るという事です。


80年台、日本には不動産バブルが到来しました。


日経平均株価は3万8千円台を超え
大きな利益を手にした人も沢山いました。


しかし、実は利益を獲得できたのは
一部の人達だけでした。


それは不動産業界に関わっていた人たちです。


バブルが到来しても、
その業界に関わっていなければ
バブルの恩恵を受ける事はできません。


今、バブルが訪れようとしているのは
「仮想通貨業界」です。


あなたは、周りの人達が
仮想通貨バブルで大きな利益を手にしているのを
指をくわえて見ていたいですか?


それともバブルの波に乗っかり
大きな利益を手に入れたいですか?


当然ながら後者だと思います。


でしたら、まだバブルが本格的に
訪れていない今こそ、仮想通貨に関わっておくべきです。


投資のKAWARA版では以前より、
仮想通貨の基礎知識から最新情報まで
学ぶ事ができる情報配信サービスを提供しています。

優良な仮想通貨と、粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!仮想通貨長者.comの詳細はこちら>>


仮想通貨長者.comは投資のKAWARA版が
運営する完全無料の仮想通貨情報配信サービスです。


・仮想通貨の基礎の基礎
・バブルに乗っかる方法
・最新の仮想通貨情報
・大きな利益を手に入れる方法
・危険な暗号通貨の情報
・手厚いサポートデスク


などなど、あなたが今から仮想通貨に関わる為に
必要な知識と情報を手に入れる事ができます。


バブルが本格的に到来してからでは手遅れです。


今直ぐこちらのURLより仮想通貨長者.comの
詳細を確認して今のうちに仮想通貨へ関わって起きましょう。

バブルは間もなくやってきます。

仮想通貨長者.comの詳細はこちら>>