仮想通貨投資で詐欺リスクを回避するには

世の中には危険な仮想通貨があります。仮想通貨長者たちが詐欺リスクの回避に使っている情報収集先を公開!数ある草コインの中から、将来性のある仮想コインを見分ける方法を伝授。

仮想通貨の一極集中型取引所の特徴とは?

f:id:kansuke21:20171017083153j:plain


仮想通貨はP2Pという1:1の通信技術を使っているので、
仮想通貨の取引は1:1で行われるのが基本です。


しかし、取引相手を自ら探すのは難しいことなど、
諸々の理由があって取引所が存在しています。


以下に、現在主流となっている
一極集中型の取引所について簡単にまとめてみました。


■仮想通貨に取引所が存在している理由

仮想通貨はウォレットと言う財布の役割をするところに保管しておいて、
やり取りもウォレットを通して行われます。


ローカルPCにウォレットを作るのは簡単で、
大方は仮想通貨の公式サイトにある公開されている
ウォレットのソフトウェアをインストールするだけです。


もしマイニングなどで仮想通貨を得て、
それを特定の相手に送るのなら
ウォレットを通してできます。


しかし、上場株式のように不特定多数の相手と
仮想通貨の取引をしたい場合は、
ウォレットがあるだけでは不可能です。


そこで登場するのが、
証券取引所のような機能のある仮想通貨の取引所です。


■取引所でできること

取引所は民間の業者が運営していて、
異なる仮想通貨同士の取引や、仮想通貨と通常通貨の交換などができます。


最初は誰でも仮想通貨を持っていないので、
仮想通貨を購入する訳ですが、一番簡単なのは取引所にアカウントを作ることです。


そして、自分のアカウントへ通常通貨を入金し、
それで仮想通貨を購入します。


取引所では、売買したい仮想通貨の価格を
別の仮想通貨または通常通貨建てで表示しているので、
それを基準にして売買します。


取引所は日本ばかりでなく世界中に沢山あるので、
信頼できるところにいくつかアカウントを作っておくと良いでしょう。


■アカウントのセキュリティ対策は?

取引所にアカウントを作ると自分のウォレットができます。


取引所のウォレットはインターネット上にあるので、
ハッキング等の脅威があります。


また取引所は民間業者ですから、
突然取引できなくなったり、閉鎖される等のリスクもあります。


そのため取引しない仮想通貨は、
取引所のウォレットからローカルPCなどのウォレットに移して、
インターネットから遮断しておくと安心です。


もしウォレットをインストールしたPCが壊れたとしても、
ウォレットの復元用パスワードを控えておけば再現できます。


ただ、いまの大手取引所は
セキュリティ対策が行き届いていて、
財務状況も良好なところが多いので、
それほど恐れることもないでしょう。


■最後に

最近は上記のような一極集中型の取引所とは異なる、
分散型取引プラットフォームを提供しているところが出てきました。


こちらは基本的にP2Pによって仮想通貨の取引が出来て、
その取引量も次第に増えてきています。