仮想通貨投資で詐欺リスクを回避するには

世の中には危険な仮想通貨があります。仮想通貨長者たちが詐欺リスクの回避に使っている情報収集先を公開!数ある草コインの中から、将来性のある仮想コインを見分ける方法を伝授。

仮想通貨の詐欺手口

f:id:kansuke21:20171030081112j:plain

仮想通貨の詐欺で多いのが、
インターネットとは無縁のお金持ちに、
旧来的な紙媒体のパンフレットや電話で勧誘する
というものです。


また、インターネットが使える人でも、
怪しいICOに引っかかることもありますね。


■訪問営業マンの詐欺手口

お金持ちの高齢者は、
「仮想通貨と言ってもよくわからないけど儲かりそうだ」
と思っているので、詐欺師はそこをついてきます。


最初はお年寄りの自宅に
パンフレットを持った営業マン風の人が訪ねてきたり、
あるいはダイレクトメールが送られてくるのです。


そして、少しでも興味があると見なすと、
その場あるいは電話で仮想通貨の勧誘がはじまります。


勧誘する上で多いのが、

「この仮想通貨は限定販売なので、すぐに買わないと買えなくなる」

とか、

「必ず将来値上がりするので、その時には高値買取をする」

という文句です。


しかし、買取はされず、実際に仮想通貨があるかどうかは関係なく、
ただお金を騙し取られるだけの単純な詐欺と言えます。


■セミナーでの詐欺手口

セミナーの参加者が無価値の仮想通貨を買わされる
という詐欺手口もあります。


例えば、
セミナーで色々と仮想通貨の幻想を吹聴して
参加者をその気にさせます。


そこで参加者に優先して販売する仮想通貨である
と伝えて少し焦らせるのです。


そして、このプロジェクトが軌道に乗れば、
買った仮想通貨は後年何十倍にもなると言って煽ります。


しかし、大金をはたいて仮想通貨を買ったものの、
プロジェクトは実態がなく、結局買った仮想通貨は無価値だったというものです。


ただし、このような例は詐欺として立件できるかどうか
微妙なことが多いと言われています。


ICOの詐欺手口

ICOというのは、
何かのプロジェクトを立ち上げたい時に、
トークンと呼ばれる独自仮想通貨を発行し、
それを不特定多数に対して代表的仮想通貨で購入してもらう仕組みです。


これで集めた資金でプロジェクトを進めるのですが、
ICOの1割程度は詐欺だといわれています。


一例をあげると、
あるICOはまともな活動をするはずでしたが、
トークンを売りだす前にハッキングされサイトが落ちてしまいました。


同時にこのICOを騙るメールが多数拡散しました。


文例は
「サイトへのアクセスが殺到しているため、
ICOに参加するにはオフラインでしかできません。
それため、次のアドレスへ代表的仮想通貨を送ってください」
というようなものです。


これはフィッシングと呼ばれる詐欺ですが、
結構引っかかる人がいるようです。


最初の2つの詐欺手口は仮想通貨に疎い人の話でしたが、
最後の例はネットをよく利用する人が引っかかることの多い詐欺です。


このメールや偽サイトを使ったフィッシング詐欺は、
他の分野でも使われることが多いですから気をつけましょう。