仮想通貨投資で詐欺リスクを回避するには

世の中には危険な仮想通貨があります。仮想通貨長者たちが詐欺リスクの回避に使っている情報収集先を公開!数ある草コインの中から、将来性のある仮想コインを見分ける方法を伝授。

仮想通貨を作るにはどうすればいい?

       f:id:kansuke21:20180518132632p:plain

仮想通貨は世間一般で使用されているものから、
自分だけのオリジナル通貨まで様々なものがあります。

 

予め用意されているものを使用するケースが多いですが、
実は自分で通貨を発行することもできるのです。

 


自分独自の通貨のことを
専門的な言葉でいうと独自トークンと言います。

 

最近では独自トークンを簡単に作ることができるサービスが存在するため、専門的な知識がなくても誰でも簡単に作成することができます。

 


必要になる知識としては、
一般的なネット検索やワードがある程度使用できる
というレベルで問題ありません。

 

実際に作る方法を紹介する前に、
いくつかの用意するものを紹介します。

 


まず、CounterParty社が発行している
コイン(XCP)を入手することから始めます。

 

このコインは、ビットコインを利用して
購入する必要がありますので、
日本円をビットコインに交換します。

 

その後ビットコインを利用してXCPを購入したのち、
独自トークンを発行できるようになるのです。

 

独自のトークンは既に利用されている名前は使用できませんが、自分の希望する名前や通貨のイメージ画像を選択できます。

 

これだけの手順で誰でも自分だけの
オリジナル通貨を作ることが可能です。

 

費用もそれほどかからないため、
興味本位で作成してみるのも良いでしょう。

 

⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>