仮想通貨投資で詐欺リスクを回避するには

世の中には危険な仮想通貨があります。仮想通貨長者たちが詐欺リスクの回避に使っている情報収集先を公開!数ある草コインの中から、将来性のある仮想コインを見分ける方法を伝授。

仮想通貨のウォレットについて


仮想通貨を所持するためには、
ウォレットを作る必要があります。

実際のお金であれば銀行で口座が作れますが、
仮想通貨はあくまでも現金とは異なりますので、
口座を自分が決めたサイトを利用して作ることからスタートします。

これだけでは使い勝手が悪いため、
自分のパソコン上にウォレットを持つことも可能です。

仕組みとしては、
仮想通貨はプログラムで作られていて
一般的に公開されているため、

自分のパソコンにプログラムをインストールすることで、
パソコン上にウォレットを持つことができるのです。

ウォレットには英数字で
アドレスと呼ばれている口座番号を指定することができ、
個人でいくつものアドレスを作ることができます。

他人と同じアドレスになることはありませんし、
プログラムの調整により他人と異なるものが選択されるようになっています。

さらにキーを利用して仮想通貨のやりとりができるようになるのですが、
一般的な口座とはことなりネット上にキーが漏れてしまう可能性もあります。

難しく考えがちになってしまいますが、
銀行でお金の取引をしているのと
ほぼ同等だと思っても間違いはありません。

銀行よりもウォレットの方が、
管理が難しいというのが注意点になります。