仮想通貨投資で詐欺リスクを回避するには

世の中には危険な仮想通貨があります。仮想通貨長者たちが詐欺リスクの回避に使っている情報収集先を公開!数ある草コインの中から、将来性のある仮想コインを見分ける方法を伝授。

中国が警告を発したICOとは暗号通貨を用いた○○○のこと


KAWARA版会員様からICO案件に関する
ご相談が多数寄せられています。

現在の暗号通貨絡みの
投資案件がかなり増えてきています。

とりわけご相談が急増しているのが
ICO絡みのご相談です。


ICOという言葉を聞きなれない方もいらっしゃると思いますので、
簡単にではございますが、ICOの解説をいたします。


ICOとは暗号通貨を用いた資金調達法のことです。


トークン」と呼ばれる暗号通貨を発行し
それを投資家に購入してもらうことで
企業がクラウドファンディングを行います。


言ってみれば、株式を発行して
資金を調達することと同じですので、
トークンは次世代の株式とも言えるでしょう。


ICOは資金調達のハードルが株式と比べて格段に低く、
有能なベンチャー企業などの資金調達に用いられています。


また、ブロックチェーンを活用するため、
安全性が高く、コストダウンや資金調達先の
拡大などを実現することができます。


有名なICOでは

・MobileGO 58億円
・COMSA  109億円
・FILECOIN 257億円

など、莫大な金額の資金調達に成功しています。


現時点で非公開のICOも合わせると既に
数千件ものICOが実行されていると言われており、
今後の資金調達のメインになるのではと予想されています。


ICOで発行されるトークンは株式と同じような
性質を持っていますので、買い手が多いほど
市場原理に則り、強烈な価格高騰を起こします。


したがって、暗号通貨バブルの次は
トークンバブルが起こると言われています。


そんなICOに、現在世界中の投資家が注目し、
虎視眈々と価格高騰が狙えるICOを狙っているのです。


ただし、そのようなICOの案件について特筆すべきは…

「まともなICO案件は全体の5%に満たない」

ということです。


バブルやトレンドが起こる時は、
それに便乗して搾取をしようとする輩が現れるものです。


暗号通貨バブル、トークンバブルの勢いがに比例して、
粗悪な案件、悪質な業者なども増えてくるのです。


金融詐欺やネズミ講などの悪徳行為を働く
劣悪な会社がICOを活用してる場合もありえます。


現に、ICOが盛んに行われていた中国では
政府より公式に「ICOの大部分は詐欺である」
と警告を発し、「ICOの全面禁止」という
規制措置を取りました。


ICOが非常に有益であるからこそ、
悪徳業者や詐欺行為を排除し
投資家を保護する措置として
ICO禁止令」を勧告するに至ったのです。


事実、日本でもICO案件絡みのトラブルが急増しており、
弊社にもICOトラブルのご相談が殺到しております。


トークンを使ったICOは世界的な流れですので、
うまくバブルに乗っかる事ができれば、
大きな利益を獲得するチャンスがあります。


しかし、詐欺案件、粗悪な案件に引っかかり
大切な資金を失ってしまってはせっかくのチャンスも
活かすことができなくなってしまいます。


投資のKAWARA版正会員メルマガでは
ICO案件の最新情報を配信しています。

⇒投資のKAWARA版.comの詳細はこちら