仮想通貨投資で詐欺リスクを回避するには

世の中には危険な仮想通貨があります。仮想通貨長者たちが詐欺リスクの回避に使っている情報収集先を公開!数ある草コインの中から、将来性のある仮想コインを見分ける方法を伝授。

リップルの四半期レポートが示す今後の仮想通貨市場のゆくえ

 

リップル社の2018年四半期(7-9月)のレポートによると、仮想通貨XRPの売上が前年対比で2倍以上になっているようです。

これにより、XRPの価格は10月後半から上昇傾向にあります。

リップル社が発行するXRPは株式ではありませんが、会社の時価総額に比例してどんどん価格が上昇してきています。

BTCやETHなどは非中央集権なので、決算などはありませんが、XRPリップル社が管理する完全中央集権の仮想通貨です。

したがって、投資家目線では会社の業績=XRPの価値と判断できるため、株式投資のように検討することができます。

今後発行されて行くトークンも企業が資金調達のために発行するため、中央集権的な側面があります。

なので、トークンの価値は発行元の会社の業績が色濃く反映されます。

最近ICO割れを起こすトークンが多いですが、理由としては発行元のビジネスの業績が不透明だということが考えられます。

トークンを取引所に上場するということは一般の投資家の厳しい目にさらされるということです。

一般の投資家たちから見て、ビジネスモデルの正当性や発行元の実態などが不透明であると、それは投資リスクとして判断されます。

そのように投資リスクが高いトークンだと判断されてしまうと、上場後も買い注文が入らず、プレセールで購入した投資家が売却を行うのみになります。

そうなれば、当然ですが、価格は大暴落を起こします。

ですので、トークンであっても株式上場と同じレベルのビジネスモデルであったり、運営元の透明性がなければ価格の高騰は起こりえないのです。

世の中の殆どのICOや仮想通貨プロジェクトは実態が不透明なため、価格の暴落が起こっています。

しかし、そのような状況でも価値の高騰が起こる仮想通貨プロジェクトは確実に存在しているのです。

問題は、どうやってそのような有益な仮想通貨プロジェクトを見つけ出すか。

わたしはある情報配信サービスを利用して有益な仮想通貨プロジェクトの情報を入手しています。


仮想通貨長者.comでは
・危険な仮想通貨・有益な仮想通貨
どちらの情報も完全無料で配信されています。

運営母体は8万人の会員を抱える投資情報会社の投資のKAWARA版.comです。

8万人の会員から寄せられるよりすぐりの仮想通貨情報をメルマガやLINEなどでいつでも受け取ることができます。

また、あなたが気になる仮想通貨の安否をサポートデスクに相談することも可能です。

仮想通貨投資の成功の秘訣はまずは失敗しないこと。

誰かに仮想通貨投資を紹介された際はまずは仮想通貨長者.comのサポートデスクに相談することをお勧めします。

仮想通貨長者.comへの登録料は完全無料となっています。

今すぐ以下のURLからお申込みくださいませ。

⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>