仮想通貨投資で詐欺リスクを回避するには

世の中には危険な仮想通貨があります。仮想通貨長者たちが詐欺リスクの回避に使っている情報収集先を公開!数ある草コインの中から、将来性のある仮想コインを見分ける方法を伝授。

北海道版カジノリゾートへの参入を狙う企業とは?

 

日本版カジノリゾート誕生に向けて大手企業が様々な動きを取っております。

 

今後もしばらくはどの企業が日本に参入してくるのか?というニュースが世間を賑わせると言われております。

 

カジノIRの誕生は国益を賭けたビッグビジネスです。

 

投資家の皆様にとっては、巨額の利益を獲得できるチャンスなのです。

 

この文章をご覧になっているということは、少なからず投資家として成功したい気持ちをお持ちなことかと思います。

 

投資成功の最も近道は、一次情報を入手することです。

その際にお勧めの情報配信サービスがあります。

 

それは、「カジノIR長者.com」です。


ほぼ毎日、鮮度の高い情報を配信してくれるので重宝しております。

 

是非、ご登録いただき、情報収集に努めてください。

それでは、話を本題に戻します。

 

皆さんはハードロック・ジャパンという企業をご存知ですか?

 

母体は世界中で人気を誇る「ハードロック・カフェ」やカジノ、ホテルを運営する大企業です。

 

ハードロック・ジャパンは北海道は苫小牧のカジノリゾート市場への参入を目標としております。

 

ハードロック・アジアのCEOであるエドワード・トレーシー氏は、

「北海道への参入だけが目標だ。」

と語るほど北の地に、大きな魅力を感じているようです。

 

そんな中、先日、新たな展開がありました。

 

何と地元のプロサッカーチームである北海道コンサドーレ札幌の「オフィシャルトップパートナー」になる契約を結んだことを発表したのです。

 

コンサドーレ札幌は現在、Jリーグ1部で4位につける実力十分の強豪クラブです。

 

アジアで最も権威高い大会のアジアチャンピオンズリーグACL)への出場の可能性も残しているほどです。

 

オフィシャルトップパートナーになればユニフォームや選手のトレーニングウェア(胸)などに社名(商品名)が掲載されることになります。

 

ということは...

 

仮にコンサドーレ札幌ACLへ出場すれば、日本だけでなくアジア全土のサッカーファンが「Hard Rock Japan」という企業名を目にすることになるのです。

 

オフィシャルトップパートナーとして地元クラブを仮にACL優勝へと導けば、何よりのPRとなります。

 

きっと北海道民の心をグッと掴むことになるでしょう。

ハードロック・ジャパンは、

「家族向けの世界レベルの リゾート建設を目指していく」

とも公言しています。

 

地元のサッカークラブを一番応援してくれる企業がカジノリゾートを作ったすると、地元の方々は大歓迎となる間違いなしです。

今後も北海道版カジノリゾートの動向に注目していきたいと思います。

 

今後の動きを見逃さない為にも、「情報」を得ることが重要になってきます。

 

そこでお勧めしたいサービスが、「カジノIR長者.com」です。

 

ご登録いただければ、有益な情報を日々、受け取る事ができます。

 

しかも、「完全無料で」です。

 

今後、登録者数が増えれば有料となる可能性もあり得ますが、現時点では無料で登録可能です。

 

今すぐにご登録いただき、有益な情報を受け取ってください。

 

⇒『カジノIR長者.com』の詳細はこちら