仮想通貨投資で詐欺リスクを回避するには

世の中には危険な仮想通貨があります。仮想通貨長者たちが詐欺リスクの回避に使っている情報収集先を公開!数ある草コインの中から、将来性のある仮想コインを見分ける方法を伝授。

あなたは最近話題のIEOをご存知ですか?

IEO(Initial Exchange Offering)とは、IEO(Initial Exchange Offering)とは、既存のICOにおけるトークンの販売や配布を仮想通貨取引所に委託して行う資金調達方法です。

 

仮想通貨取引所を仲介するICO

と言えばわかりやすいでしょうか?

 

最近では、IFOやらIAOやら、色々な資金調達方法が増えていますが私が最も注目しているのは、IEOです。

 

なぜなら「安全に投資できる」から。

 

従来のICOですと、誰でも簡単に実施できてしまいます。

ICOを実施する企業やプロジェクトに立ち入り審査が行われるわけでもなく、一定のルールも定まっていない。

 

そのため現在は本物と偽物が混合し、見極めが難しくなっております。

 

さらに、今日の仮想通貨市場は冷え込み気味。

 

ICO割れするプロジェクトも多く、詐欺、持ち逃げ、元金割れなどの投資トラブルは未だに乱発しております。

しかし、IEOならそれらの不安要素を払拭できます。

 

まず、間に仮想通貨取引所が介入するためICOとは信頼性が段違い。

 

無論、取引所側も粗悪なコインやトークンを取扱いたくはありません。

 

ですからプロジェクト側に対する審査が確実に設けられることとなります。

 

ユーザーの信頼を損ねるわけにはいきませんからね。

運営元や事業計画の審査は徹底されるはずです。

 

そうなると我々投資家は、詐欺案件に遭遇する確率が激減しますよね?

 

ですから次第に…

ICOは危険、IEOなら安全」

というイメージが世の中に定着していくのではないかと考えています。

 

またプロジェクト側が発行するコインやトークンは介入する取引所が販売します。

 

所在地や運営者が不明のコインより取引所が販売しているコインの方が明らかに信頼性が高いです。

故に資金調達の成功確率が高まります。

 

というわけでICOよりIEOを望むプロジェクトも増えてくるはずです。(…真っ当なプロジェクトであればの話ですが)

さらには「資金の持ち逃げ」というリスクも払拭されます。

 

販売元が取引所になるということは資金の集金も取引所となります。

 

集金作業をプロジェクト側ではなく取引所が行うため、資金の持ち逃げも現実的に不可能となるわけです。

 

1.厳しい審査をパスした案件

2.販売・集金を取引所が代行

3.資金の持ち逃げは不可能

 

上記の3つの理由によって…

 

・仮想通貨投資の安全性が増す

・仮想通貨投資の成功確率が増す

 

ということは明白です。

 

そのような理由から今後はICOよりもIEOが流行るのではないかと睨んでいます。

 

実際、今世界の仮想通貨取引所たちは真っ当なプロジェクトを探し回っており取引所側から「IEOさせてくれ」というオファーを受けることも多いそうですよ。

 

プロジェクト側、投資家、間に入る仮想通貨取引所

それぞれの利害が一致する資金調達方法。

それがIEOなのです。

 

次なる仮想通貨長者を生み出すのはICOではなくIEOかもしれませんね。

 

しかしながら、IEOを一般の投資家で知っている方はほんの一部です。

しかし、IEOのような最新情報を常に入手していかなければ、安定して投資で利益を獲得し続けることは難しいでしょう。

 

常に、時流の一歩先を見る。

これが非常に重要です。

 

わたしは幸いなことにこのような仮想通貨業界の最新情報を常に入手することができています。

 

では、どこからそのような情報を入手しているのかといいますとこちらのサービスです。


仮想通貨長者.comでは

 

・有益な新興コインの情報・仮想通貨市場の情報・仮想通貨のトラブル情報

など仮想通貨投資に必要なあらゆる情報が配信されています。

 

さらに、登録も無料。

仮想通貨への投資をするのであれば、まずは登録しておくべきサービスだと思います。

 

今から投資のタネを蒔くことで、仮想通貨は大きな実りを授けます。

 

ぜひ、仮想通貨長者.comをフル活用してあなたの投資人生にお役立てください。

 

⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>