仮想通貨投資で詐欺リスクを回避するには

世の中には危険な仮想通貨があります。仮想通貨長者たちが詐欺リスクの回避に使っている情報収集先を公開!数ある草コインの中から、将来性のある仮想コインを見分ける方法を伝授。

優良案件を見極める為には...

 

皆様はボクシング界の生きるレジェンドと呼ばれているフロイド・メイウェザー選手をご存知ですか?


メイウェザー選手といえば...


無敗のまま世界5階級制覇を成し遂げ1試合のファイトマネーは300億とも言われております。


名実ともに世界代表するスター選手です。


つい最近では日本人格闘家との対戦で、世間を賑わせたことは記憶に新しいかと思われます。


そんな世界的大スターがつい先日、米証券取引委員会(SEC)から罰金の支払いを命じられたと報道されました。


理由は、報酬を受け取っていることを隠し、一般に向けICOへの投資を勧誘していたからです。


個人のSNSを活用しファンなどに購入を広く呼び掛けていたようです。


報酬の受け取りを表に出さなかった故に、61万ドル(約7000万円)にも及ぶ罰金の支払いを命じられてしまいました。


7,000万円の罰金とは、彼からすると大した額ではないのかもしれませんが、我々から考えるととてつもない金額ですね。


事実として暗号通貨市場には、著名人が広告塔として宣伝している案件は多く存在しているように感じます。


アーティストやスポーツ選手、アイドルや公的な要人等々。


ご存知の方も多くいらっしゃるかと思いますが、日本においても某有名ビジュアル系アーティストが暗号通貨のプロモーションに関わっていました。


ファンとしては、好奇心をくすぐられ投資対象としてその案件の利用や購入をすぐに検討してしまうかもしれません。


しかし、投資家として冷静になり再度ご確認いただきたいことがあります。


それは、表立ってプロモーションをしている人物はただ単に宣伝活動をしているだけなのか。


それとも運営陣の一員としてプロジェクトを推進していく立場にあるのか、という点です。


仮に自身がプロジェクトを運営する立場なら、ファンの期待や自身の名誉を守るためにも、事業拡大に取り組んでいくことでしょう。


ただ単に宣伝活動をしているだけよりも、説得力や信頼感はグッと増しますね。


著名人もしくは実績や経歴が抜群な、その道のプロが紹介している案件に投資しようと思ったならば、


・紹介している人物がプロジェクト内で どういった立ち位置なのか。

・その案件に対してどこまで深い立場に位置しているのか。


この点にご注目いただくだけで、投資の成功確率は数段アップするかもしれませんね。


優良案件を見極めるひとつのポイントとして、念頭においていただき、投資成功にお役立ていただければ嬉しい限りです。


ちなみに、上記のような案件の見極め方を教えてくれるサービスがあります。


世の中の危険な投資情報を事前に入手することができれば投資で失敗する可能性は減ると思いませんか?


また、あなたが購入を検討している投資案件がありましたら、サポートデスクに調査依頼をすることも可能です。


投資は一度失敗してしまうと、取り返しが付かないことになります。


気になる投資案件がある場合は、資金を投資する前にまずは一度投資のKAWARA版.comに相談してみましょう。


皆様の投資生活において少しでも役に立てば幸いです。

 

⇒投資のKAWARA版.comの詳細はこちら