仮想通貨投資で詐欺リスクを回避するには

世の中には危険な仮想通貨があります。仮想通貨長者たちが詐欺リスクの回避に使っている情報収集先を公開!数ある草コインの中から、将来性のある仮想コインを見分ける方法を伝授。

カジノは大阪最後の希望の光か?

 


カジノ統合型リゾート誘致に取り組む数ある自治体。


その中でも、外資からの注目度、
行政の本気度でダントツの高さを誇る大阪。


大阪万博開催が決定し、
外資カジノ企業のアピール合戦は
更に熱を帯びそうです。


そして先日、アメリカの
超大手カジノ運営企業が動き出しました。


日本のカジノを狙う、
ラスベガス・サンズの幹部が
12日に大阪府の松井知事らと会談しています。


大阪で誘致予定の夢洲までの
地下鉄延伸費約200億円の負担を
前向きに検討しているようです。


200億円という莫大な費用を負担したとしても、
大阪カジノの売上は、年間約5200億円の試算です。


それだけの売上が毎年見込めるのであれば、
200億円の負担も痛くも痒くもないでしょう。


更に、万博開催が決定したことにより、
多くの観光客がカジノに流れてくると予測されます。


そうなると、試算以上の
数字を弾き出す可能性も十分考えられます。


夢洲に希望の光を灯せなかった30年。
長年の構想であった、万博の開催決定。


そして、最後の希望、
大阪にカジノ誘致が決定すること。


なにわの夢は夢のままで終わらず、
間違いなく夢洲にカジノ誘致が決まるはずです。


大阪に万博とカジノ誘致が決まることで、
相乗効果で国民のカジノに対しての認知度が高まります。


国民のカジノに対しての認知度が高まるほど、
カジノバブルが起きる兆候となります。


そして、国民の認知度が高まってから、
カジノ案件に投資をしてももう遅いのです。


黎明期の今だからこそ、
カジノ案件の投資は最大のチャンスとなります。


この超巨大な時代の波に乗り遅れないよう、
投資家として今後もカジノ情報を見逃してはなりません。


投資は情報とタイミング命。


カジノ関連の投資案件に将来性を感じる方は、
今後もこのような最新情報を手に入れる必要があります。


情報を手に入れる方法は簡単です。


それは、「カジノIR長者.com」という
カジノ統合型リゾートに特化した
情報配信サービスに登録するだけです。

 


カジノIR長者.com非常に有益な情報を
ほぼ毎日配信してくれます。


しかも、完全無料です。


今後、登録者数が増えれば有料となる
可能性もあり得ますが、
現時点では無料で登録可能です。


今すぐにご登録いただき、
有益な情報を受け取ってください。

 

⇒『カジノIR長者.com』の詳細はこちら