仮想通貨投資で詐欺リスクを回避するには

世の中には危険な仮想通貨があります。仮想通貨長者たちが詐欺リスクの回避に使っている情報収集先を公開!数ある草コインの中から、将来性のある仮想コインを見分ける方法を伝授。

仮想通貨市場に影響を与える超巨大企業とは?


突然ですが、皆様。


FaceBookという企業をご存知でしょうか?


インターネットに疎い方でも、
名前くらいはきっと聞いたことがあると思います。


SNS界の王様であり登録数22億人以上の
世界時価総額ランキング7位の超大企業です。

SNSとは、インターネットを介して人間関係を
構築できるスマホ・パソコン用のWebサービスの総称です。


また、あまり知られてはおりませんが、
2012年にインスタグラムを買収しており、
今ではインスタグラムの登録者数は10億人以上と言われています。


FacebookのCEO、マーク・ザッカーバーグ氏は
とんでもないほどの先見性をもっている実業家なのです。


そんなザッカーバーグ氏が手掛ける
仮想通貨があったら魅力的ではありませんか?


実は、ザッカーバーグ氏が次に手がける事業が
仮想通貨かもしれないのです。


米大手メディアBloombergによると、
Facebookは同社の保有するメッセンジャーアプリで
送金できる仮想通貨の作成に取り組んでいるとのこと。


また、同社が作成中の仮想通貨は、
従来の値動きが激しいものではなく、
ステーブルコインという仮想通貨を
採用するそうです。


※ステーブルコインとは、【Stable=安定】
という意味の法定通貨を担保とした
値動き自体が非常に少ない安定した仮想通貨です。
(担保の種類に関しましては金や石油などもあります)


その主な狙いは、Facebookの人気が高い
インドの送金市場とされています。


ターゲットと推測されるインドでは、
同社のメッセージングアプリユーザーが
2億人以上も存在しているといわれております。


世界銀行のデータによると、
インドは2017年の外貨送金で690億ドル
(約7兆4400億円)を獲得したとされています。


Facebookはこの巨大市場のインドを狙っているのです。


実は、この情報を受け取ったのは
数ヶ月前なのですが、チラホラと仮想通貨に
精通している方たちからも話を聞くようになってきたので、
もしかするとFacebookは本格始動を始めるかもしれません。


今後、この情報が公式に発表された場合、
仮想通貨市場にとんでもない衝撃を与えることでしょう。


当然、いい意味の衝撃です。


こういった情報を事前にキャッチしているだけで、
将来的に市場がどの様になっていくかを想定しやすいはずです。


その為に、情報収集は必須となります。


ちなみにこのような有益な情報を
日々配信してくれるサービスがあります。


それは、「仮想通貨長者.com」です。

 

ご登録いただければ、有益な情報を日々、
受け取る事ができます。


しかも、「完全無料で」です。


今後、登録者数が増えれば有料となる
可能性もあり得ますが、
現時点では無料で登録可能です。


今すぐにご登録いただき、
有益な情報を受け取ってください。

 

⇒『仮想通貨長者.com』-優良な仮想通貨と粗悪な仮想通貨の見分け方を徹底解説!続きを読む>>